ブログトップ
UNDER THE FACT OF SHOES

shoes brand NO official blog

博多小学校/Coelcanth K&H
b0179885_19305619.jpg

数ある福岡建築の中で友人に薦められて見に行ったCoelcanth K&Hによる博多小学校。

大浜、奈良屋、御供所、冷泉という博多都心部にあった四小学校が1998年3月で閉校。同年4月、博多小学校として生まれ変わり、2001年に奈良屋小学校跡地に新校舎が竣工されました。

事前に見学予約が必要だったのですが、行けるかどうかも分からなかったので、取りあえず博多の懐の深さを信じて現地前で電話しながら登校。

受付の方とお互い受話器を持ちながらの会釈で対面し、授業は終わっていたのですが何とか見学させてもらえました(笑)。

b0179885_19594172.jpg

オープンな施設、教室、体育館。従来の小学校をイメージすると素通りしてしまう小学校です。

b0179885_2031713.jpg


1枚目の写真の窓ガラスは半地下になってる体育館の窓。
b0179885_205969.jpg

こちらの階段舞台の施設も道路側はガラス張り。
b0179885_2085680.jpg


地下には4小学校の歴史を遺してあります。
b0179885_2021677.jpg


第二次世界大戦時の福岡大空襲で焼け残った扉。
b0179885_20231059.jpg


内部の様子をもっと見たい方はこちらに載ってます。





昨今、小学校に不法侵入する事件等がありますが、博多小学校のオープンさは街に見守られている様な気がします。

ガラス1枚だけの距離で子供達が元気に過ごしている光景が見れるのは、通勤途中の会社員や主婦にとっても微笑ましい筈。

不審者に思われたくなくて、運動場で遊ぶ子供達の写真は撮れませんでしたが、皆目があうと「こんにちはー!」と元気に挨拶してくれました。

とてもほっこりさせてくれた博多小学校。

4小学校が閉校したのは悲しい事実だったと思いますが、現在の学校になって得たものはとても意義深く映りました。
[PR]
by noshoes | 2010-11-08 20:47 | architecture
<< BIWAKO BIENNALE... ぐりんぐりん/伊藤豊雄 >>