ブログトップ
UNDER THE FACT OF SHOES

shoes brand NO official blog

カテゴリ:shoes( 35 )
SPINGLE MOVE 2012A/W
b0179885_2318262.jpg

東京に日帰り出張でSPINGLE MOVEの展示会に参加しました。


SPINGLE MOVEはMADE IN JAPANにこだわった広島発のスニーカーブランド。当ブランドNOのスニーカーもこちらの工場で生産しています。


そのご縁もあって、2012A/WコレクションからSPINGLE MOVE外部デザイナーとして開発に携わっています。SPINGLE MOVEの方々とデザインを作り上げていく工程はNOにはない刺激ばかり。


SPINGLE MOVEをいい意味でどこまで壊せるか分かりませんが、今後はNOとSPINGLE MOVE、あわせてよろしくお願い致します。
[PR]
by noshoes | 2012-03-07 23:40 | shoes
パッカブル
【ラルフローレン ポケッタブルシューズ】
b0179885_22454078.jpg


震災以降、携帯可能な靴の売り上げが伸びていると聞きました。

事実僕も震災時に電車が止まり歩く事を余儀なくされましたが、ハイヒールで歩いている人は本当に辛そうでした。

そこでフラットな靴を非常時に備えバッグに入れておく人が増えたそうです。

「なら少しでも可愛い靴」という女性のお洒落心には頭が下がります。


そんな中画期的なセカンドシューズがティンバーランドから発表されました。


【ラドラートレイルキャンパー】
b0179885_1064829.jpg

b0179885_2361465.jpg

靴自体にジッパーが付いていてコンパクトにパッキング出来るという物。
b0179885_2384896.jpg

うおお。アッパーには撥水加工も施されているのでまさにアウトドアにはうってつけです(インドア派ですけど)。キャンプでさらっとこの靴をだしたら自慢できますね(インドア派ですけど)。


広告にはカラビナでそのまま持ち歩く様な絵になってますが、実際履いた後にそのまま持ち歩くのは抵抗がありそう。


とにかくこの折りたたみ方は気持ちいい。


どうでもいいんですけど、ポケッタブルシューズやセカンドシューズ、パッカブルシューズと色々呼び方がありますが、「パッカブル」は「バカップル」にしか見えない....。
[PR]
by noshoes | 2011-06-29 10:15 | shoes
ダイヤモンドは砕けない
b0179885_155710.jpg



b0179885_163956.jpg



イギリスのジュエリーデザイナー、Christopher Michael Shellisによる2,200個のダイヤモンドが配されたクレイジーな価格のハイヒール。

お値段$15,5000(現在のレートでは約1240万円)。


b0179885_194884.jpg

b0179885_1213630.jpg



1000年間の保証付きのこの靴は1000℃以上で加工を施すそうです。

b0179885_120084.jpg


はいはいセレブですねって流しそうになりましたが、製作してる過程は新鮮で素敵。




ヴィクトリア・ベッカムやパリス・ヒルトンが購入を決めたみたいです......。





パーティーでカブったら僕に下さい...。
[PR]
by noshoes | 2011-06-28 01:45 | shoes
Melissa×Gaetano Pesce

b0179885_19483145.jpg


靴の大先輩から「好きそうな靴見つけたよー」とお知らせ頂きました。

.....チェックを怠っていた自責の念にかられながらまじまじと見てしまいました。

結構前に発表されているので、知っている方も多いと思いますが、

melissaと実験的なデザイナーGaetano Pesce(ガエタノ ペッシェ) とのコラボレーション。

何とこの靴カスタマイズ前提のシューズで円形のパーツを切り取って色々なカスタマイズを楽しめます。

Facebook上でデザインコンペが行われている模様。


b0179885_20244629.jpg


b0179885_20225991.jpg


マークニューソンのシュベドッカの様に合わせるのは難しいかも知れないですが、形をザクザク変えれるのは気持ちがいいです。





そういえば以前に橋で有名なスペインの建築家「Santiago Calatrava(サンティアゴ カラトラヴァ)」のデザインした靴を見たいなーと思っていたらカラトラヴァにインスパイアされた靴を発見。

b0179885_20332176.jpg


こちらでもっと見れます






頑張ってデザインしないとなー.....。
[PR]
by noshoes | 2010-12-24 20:44 | shoes
Kobi Levi
b0179885_952919.jpg
b0179885_9532970.jpg

先日twitterでも報告したのですが、久しぶりにぶっ飛んでるシューズデザイナーを発見。

KOBI LEVI-FOOTWEAR DESIGN

気持ちいい位にぶっ飛んでいるので、熟慮断行を一蹴してくれるデザイン。

b0179885_10114070.jpg


普通、「こんなのあったら面白い」だの「こんなのつくったら顰蹙もの」だのとなりますが、実際「形」にすることは大事だなと改めて思いました。

こういう発想が大量生産に昇華した際に、どうやって化けるのかを見届けたいです。








b0179885_10311321.jpg


b0179885_10313624.jpg






いやーー気持ちいい。
[PR]
by noshoes | 2010-11-12 10:34 | shoes
Air Jordan 25th Silver Anniversary
b0179885_11342087.jpg
b0179885_11345622.jpg
b0179885_11352032.jpg
b0179885_11353598.jpg
b0179885_11355136.jpg


バスケットボールの神様、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデル、「Air Jordan(エアジョーダン)」。

25周年を記念して過去のシリーズをシルバー(ホワイト)に仕上げたシルバーコレクションなるものが動きだしています。



ガラスケースで見たい..。



NBAのカラー基準に違反していた初代エアジョーダンだけ色が付いてても面白かったです。


発売時期の詳細はまだ未定らしいですが、何にせよ早く実物をみたいです。
[PR]
by noshoes | 2009-12-08 12:48 | shoes
RED SHOES
b0179885_133763.jpg


Vincent Gallo(ヴィンセント・ギャロ)監督、主演の映画「Buffalo '66(バッファロー’66)」

昔、友人がこの映画を薦めた謳い文句は「赤い靴」でした。


尿意を催す滑稽なギャロと赤い靴


この視覚と感情のコントラストに心を奪われ、赤い靴を買った人は多いはず。(その友人も購入)


僕は赤いブーツを履きこなせる自信はなかったのでしばらくしてからコンバースの赤を購入しました(笑)。


そんな安パイコンバースは近々Leather Jacket Chuck Taylor All Starなるものをリリース予定。



b0179885_2154397.jpg




額面通りレザージャケットモチーフです。

コンバースはREDキャンペーンなるものを行っていて、この靴の売り上げの10%はアフリカのエイズ撲滅基金にあてられるそうです。



b0179885_2204857.jpg




レザージャケットが前面に出てないのはスニーカーなのでいい塩梅です。




「foot the coacher(フットザコーチャー)」は前面に出てますがブランドイメージとの結びつきで納得の一品です。

b0179885_2595987.jpg


まあどちらかといえば、こっちのライダースモチーフの方が好みですね。

b0179885_334941.jpg



この手のデザインは下手をすると悪ふざけになるので、なかなか踏み込めない領域です。




それにしてもメンズの革靴は色物が少ないですよね。

履きこなしやすい、色を押し出したデザインももっと多くでれば面白いと思うんですけど.......。




赤い靴買おうかな........。
[PR]
by noshoes | 2009-11-25 03:49 | shoes
LANDING
b0179885_14191399.jpg


「LACOSTE(ラコステ)」が発表した感光変色スニーカー「D'ARBLAY(ダーブレイ)」。

紫外線やブラックライトに当たるとLACOSTEのロゴでもあるワニの柄が浮きでてきます。

b0179885_1426882.jpg


各色50足、計100足の限定らしく、原宿店のみの扱い。


価格¥11,340は安いと感じてしまうのは僕だけでしょうか?


このスニーカーが欲しいかと言われれば、「・・・・・・・・・・。」ですが、LACOSTEは高伸縮のダウンウエアだったり、ザハ・ハディッドのコラボレーションだったり色々攻めてますね。





家具やプロダクトの分野で活躍する兄弟デザイナー、「Campana Brothers(カンパーナ・ブラザーズ)」とのコラボ。

b0179885_15315222.jpg


着たいかと言われれば「・・・・・・・・。」ですが(笑)、攻めてます。




面白い、変わってる、かっこいいの着地点はなかなか難しいものです......。

b0179885_15371039.jpg





これくらいなら着れます。
[PR]
by noshoes | 2009-11-09 15:41 | shoes
SIGHT
b0179885_1912334.jpg

MIHARA YASUHIRO(ミハラ ヤスヒロ)のキルティングブーツ。

糸をキルティング加工してあり、隙間から下地(金色革)が覗きます。

b0179885_19153595.jpg


むーーカッコいいですね。正に「線が面」です。

このブーツをオークション等で「崩し加工」と述べてる方がいたのですが、思わずにんまり。

線といえば、靴デザイナーはラインにこだわる人が多い。

パンプスライン、羽根ライン、トウライン。

あまりにもそういう人ばかり見てきたせいか、今の僕はあまりデザインラインに興味が沸きません。(今は!!)





糸繋がりで今季の MIHARA YASUHIRO 刺繍靴

b0179885_1931423.jpg
b0179885_19315655.jpg



こちらはMAISON MARTIN MARGIELA(メゾン マルタン マルジェラ)のユニオンジャック刺繍ジャーマン

b0179885_19352415.jpg


またまたジャーマンアレンジですが、この遊び心がマルジェラですね。





よくよく考えると、織物も線(糸)を組み合わせて作った面(布地)なんですよね。



b0179885_2005083.jpg




何気なく着るTシャツも見えかたが変わります。
[PR]
by noshoes | 2009-10-20 20:30 | shoes
LIME GREEN

b0179885_13432443.jpg


建築家Julian Hakesが考案したハイヒール「Mojito(モヒート)」。

真横から見ると靴に見えない事もないですが、角度が変わると正体不明です。

b0179885_13564981.jpg
b0179885_13571098.jpg


ハイヒール時の足の接地面から着想し、生まれたデザインだそうです。


爪先部分とカカト部分の間が無いデザインはこれまでにも見たことはあったのですが、この様に本底部分まで無くしてるデザインは初めて見ました。


素材はカーボンファイバーを革とゴムで挟んであり、足にあたる面は革、底面にはゴムとなっています。


Julian Hakesは「Mobius」という橋もデザインしているので、この靴のデザインも通じるところがありますね。


Mobius
b0179885_14362280.jpg


「靴は最小の建築」とUNITED NUDEも言っていますが、橋とハイヒールは漂う空気の張り方が似てます。



橋で有名なスペインの建築家「Santiago Calatrava(サンティアゴ カラトラヴァ)」がハイヒールをデザインしたらヨダレものだと思います。


Bilbao in Spain
b0179885_1691235.jpg


スペイン旅行の際、カラトラヴァさんの橋にはお世話になりました。(苦笑)





ちなみに「Mojito」という名前はこの靴がライムの皮をねじったようなフォルムをしていることから名付けられたらしいです。

Mojito
b0179885_15581492.jpg


ハイヒールにカクテルの名前を付けられたら、くらっときますね。
[PR]
by noshoes | 2009-10-09 16:18 | shoes