ブログトップ
UNDER THE FACT OF SHOES

shoes brand NO official blog

オマージュ・インスパイア

b0179885_073719.jpg



奥様が「シュルレアリスム展」に行きたいとおっしゃったので、結婚記念日に国立新美術館というお洒落なデートをしてきました。


近頃アートがご無沙汰だったので久しぶりにテンションがあがり........行列?。.....ゴッホ展といい人ごみの中で見る絵ほど「学校行事」になってしまうものはないので、先に2階で開催されているArtist File 2011を観ることに。


さっきの行列が嘘みたいに人が少なかった(笑)。やはり+αのチケット代ですかね?


出展者の中では松江泰治さんの映像作品が風景の切り取り方に嫌みがなくてとても好感が持てました。ぼーっとできるカフェに作品を設置されたら間違いなく行きます。ふとアリや砂をずーっと眺めてた子供時代を思い出しました。


そして次に気になったのが「Tara Dononan/タラ ドノヴァン」さんのストローを使った作品「Haze/霞」


あまりにも吉岡徳仁さんの作品に似ていると思って調べたらTaraさんの方が先に発表してました。


うーん、こういった問題は言い出したらきりがないし、有名になったもん勝ちみたいなところもあります。アパレルの世界でも靴の世界でも。作家生命やデザイナー生命に関わる程の事であればきちんと勝敗をつけるべきですが......。


最近の例ではクリスチャン・ルブタンがイブサンローランに「レッド・ソール」を模倣されたとして、訴訟を起こしていました。


b0179885_0585614.jpg

左:クリスチャン・ルブタン 右:イブサンローラン


勝訴をしてもルブタン側に金銭的利益はほとんどないらしいですが、大御所ブランドに訴訟する事でルブタンのレッド・ソールの認知度はさらに広まり、ブランドのアイデンティティは守られるでしょう。そしてレッド・ソールにかけるルブタンの情熱にますます女性が熱狂しそうです。




脱線しましたが、当初の目的のシュルレアリスム展は予想通り「学校行事」になってしまい、何一つまともに観れずに完敗。

まあ、美術館後に行ったイタリアンが絶品だったので良しとしました。




結婚して1年。月日が恐ろしく早く感じる......。
[PR]
by noshoes | 2011-05-07 01:43 | art
<< PARCO CITY オンライ... tortoago 2011A/... >>